トラウトアンドキング
フィッシングツアー
海外釣行報告
カナダ ブリティッシュ・コロンビア州
スキーナリバー水系
トラウトアンドキング ロゴ
ホーム | お問い合わせ | メール | スティールヘッド&サーモン特集 | スタッフレポートに戻る
憧れの Big Steelhead に挑戦
2005年10月 スティールヘッド釣行レポート そのA
スティールヘッド釣行レポート その@ | そのA | そのB


毎朝ガイドが基本ライセンスとは別に、その日分のライセンスを発行する。少々高額だが、希少なスティールヘッドを保護するために使われているので納得。 ボリュームたっぷりのおいしい食事で、ハーリーと奥さんのミッキーが力を与えてくれる。今日こそは・・・。


2日目、田口さんが前日気になったプールのテールアウトに立ちこむと、すぐにロッドを立てて叫んでいる。ラインが遥か遠くまで引き出されている。もしかして・・・ガイドも真剣な様子。ようやく浅場まで寄せてきて、もがく魚がジャンプをしてはっきりと本命だと分かった。それもデカイ!ガイドが危なげになんとかハンドキャッチ。



本物の野生の迫力に圧倒される!ギンピカのフレッシュ・スティールヘッドでシーライスのあともついている。サイズは何と90cmオーバー、18ポンドのメスだった。



ガイドは魚をやさしく扱い、次代に繋げる。 対岸が遥か遠くの、こんな大きなプールのテールアウトで出た。何回か前アタリがあった後、すぐに強烈にロッドを持っていかれたらしい。 フライはチェーンアイの付いた赤いマラブー。赤、ピンクはすべての遡上魚に効くと実感。


3日目、反応のよかったプールを3ヶ所選び、重点的に攻めて効率よく釣る計画をたてると・・・前日と同じ場所で、またもや田口さんが幸運に恵まれた。フレッシュなメス。私には、いつそのときが訪れるのだろうか。


ポイント移動後・・・ついに来ました。このときを待っていた!プールの流れ込みの巻き返しとの境でロッドに衝撃が・・・精悍なオスを抱きかかえる至福のとき。 初スティールヘッドをもたらしてくれたチューブフライ。シングルバーブレスフックは必修。


スティールヘッド釣行レポート その@ | そのA | そのB

秋のスティールヘッド・ベストシーズンのご予約を受け付けておりますのでどしどしお問い合わせ下さい。

スキーナーリバー水系の紹介ページ2006年のスキーナ水系釣行報告2007年GWの報告もご覧下さい。

遡上魚のシーズンは早めに予約が埋まります。お問い合せはお早めにどうぞ。
ホーム | お問い合わせ | スタッフ釣行計画 | スタッフ遠征レポート | メール
トラウトアンドキング フィッシングツアー    Tel: 03-3544-5251    Fax: 03-3544-5532