トラウトアンドキング
フィッシングツアー
海外釣行報告
2007年 キリバス共和国
クリスマス島 キャプテンクックホテル
トラウトアンドキング ロゴ
ホーム | お問い合わせ | スタッフレポートに戻る
永遠の憧れ・・・夢の島
ボーンフィッシュを狙ってクリスマスアイランドへ!

  2007年11月。南太平洋の孤島クリスマス島。珊瑚礁が隆起してできたこの島のラグーンは白砂の浅いフラットが永遠と続いていて、ボーンフィッシュのサイトフィッシングを目いっぱい楽しみたい!とか、チャンネルや島の外環を回遊する巨大GTにルアーキャスティングで挑みたい!という方にとっての理想郷。航空便は週に一便しかなく、島に降り立ってからは電話やインターネットのしがらみから解き放たれ、どっぷりと釣りだけに集中し、ゆったりと一週間を過ごすことができる楽園がそこにはありました。

クリスマス島のページ 2007年 クリスマス島 遠征報告 : その@ | そのA | そのB

2007年 クリスマス島 遠征報告 その@

ホノルルを飛び立って3時間で絶海の孤島が見えてきた 島の中の浅いラグーンはボーンフィッシュフラット。早くあそこに立ちたいと気がはやる タラップを降りてターミナルへ



クリスマス島インターナショナルターミナル 無事イミグレーションを通過すると、ガイドがあたたかく迎えてくれた



老舗の宿、キャプテンクックホテルにチェックイン ボーンフィッシュを釣っているおちゃめな看板が新設されていた



今回の部屋は・・・離れのエグゼクティブコテージだ! 中は質素だが不自由なく快適に一週間を過ごせそう



ここのいつものしきたり、朝食後にランチのサンドイッチを作る。今日は何を挟もうかな?



釣り人用カスタムトラックに乗り込んで港へ



釣り人用カスタムボートに乗り込んでフラットへ エメラルドの海溝を抜け水深が浅くなったら、それぞれチームに分かれて降りていく。待ちに待ったフラットフィッシングのスタート!



クリスマス島のボーンフィッシュ! クリスマス島のボーンフィッシュ!
クリスマス島のボーンフィッシュ!
膝ほどの水深が続くフラットをガイドと並んで歩いていると、ガイドがいち早くボーンフィッシュを見つけて教えてくれる。初めはこの真っ白い砂の浅瀬のどこに魚がいるのかさっぱり分からないが、2日もすると慣れてきて、向こうから魚影がユラユラと向かってくるのが見えるようになる。魚に気付かれないようにフライをキャストしてリトリーブ、うまい具合に食わせられたら、直後にすごいスピードでラインを引き出していく、これが最高の瞬間!



クリスマス島のページ 2007年 クリスマス島 遠征報告 : その@ / そのA / そのB
ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
ホーム | お問い合わせ | スタッフ釣行計画 | スタッフ遠征レポート | メール
トラウトアンドキング フィッシングツアー    Tel: 03-3544-5251    Fax: 03-3544-5532