トラウトアンドキング フィッシングツアー ニュージーランド北島
ホーム | お問い合わせ | ニュージーランド特集へ | フライフィッシングTOPに戻る
魚影の濃さはNZ No.1 ワイルドトラウトの宝庫
ムルパラ ランギタイキリバー

ニュージーランド北島のムルパラは、ランギタイキリバー流域にあり、

本流、支流、湖とバラエティに富んだロケーションで

ニュージーランドでも屈指のフィッシング・エリアです。

「まるで目本の渓流を思わせるような上流部や支流でドライフライを楽しむ。」

「流れの強い本流でレインボーとのスーパーファイトを満喫する。」

「湖でのストリーマー・リトリーブで突然ロッドをひったくるアタリを堪能する。」

と言った、お好みのスタイルで、50cmオーバーのレインボートラウトや、

ブラウントラウトがロッドを絞り込みます。

ドライフライは春から秋(シケーダ・フライは夏)がお勧めですが、

冬にも雪はほとんど降らず、一年中それぞれのシーズンを楽しむ事ができます。

また、中〜下流部は、ウェットフライやスペイキャスティングにも適しています。

#5〜#7程度のライトダブルハンドやスイッチロッドには持って来いですよ。

ムルパラでの宿は、ガイドが経営するフィッシング・ロッジがメインになります。

ガイドの奥様の手料理は日本からのお客様にも好評です。

アットホームなおもてなしを堪能頂きながらフィッシングにどっぷりと浸かってください。

その他の宿泊先も、モーテルかリゾートロッジからお選び頂けます。

また、ムルパラのガイドと一緒にホーストレッキング(乗馬)で釣りに行く事も可能です。

馬に乗り、山や川を超えて釣りに行けるのも他には無い楽しみです。

ムルパラから行く秘境山間部もおすすめです。



7日間の場合のモデル・プラン
1日目  日本 →
2日目  オークランド → ロトルア
 陸路、ムルパラへ  ガイドロッジ泊
3日目  ランギタイキリバーなどで
      ガイド・フィッシング
             ガイドロッジ泊
4日目
5日目
6日目  陸路、ロトルア → オークランド
             オークランド泊
7日目  オークランド → 日本着
延泊、短縮、観光との組み合せなどご自由に変更可能です。
料金は、出発日により変わります。

スタッフ同行企画
2009年11月秘境山間部釣行記
2009年4月ムルパラ&ファカタネ釣行記


対象魚 ・レインボートラウト、ブラウントラウト
シーズン ・ドライフライ 11月〜4月 / ニンフ・ウェット 通年 / スポーニング 6月〜8月 / 湖ストリーマー 10月〜5月
タックル ・ロッド
・ライン
・リーダー
・フライ
9フィート #5〜#6 (ダブルハンドロッド、スイッチロッドでも楽しめます。)
WF5〜6F (スペイタックルの場合はシンクティップなど)
12フィート 3X + ティペット4X が標準。
#14〜#18 スタンダードアダムス、ブラウンメイフライ、シケーダ、ダムゼル、テレストリアル
ヘアーズイアー、フェザントテイル、タングステンビーズヘッド、各種ウェットフライなど
持ち物 ・速乾性長袖シャツ ・虫除け ・かゆみ止め ・レインジャケット など
各サイズ、様々なパターンをお試し下さい。上記は標準的なものですが、それ以外の様々な番手、システム、フライでもお楽しみ頂けます。
  
ムルパラでの釣りを是非体験してみて下さい。
ホーム | お問い合わせ | フライフィッシングTOPに戻る | メール
トラウトアンドキング フィッシングツアー    Tel: 03-3544-5251    Fax: 03-3544-5532