トラウトアンドキング ルアー海外遠征報告
ホーム | お問い合わせ | メール | ルアーフィッシングTOPに戻る
2006年内 ご帰国分
2003年分 報告 2004年分 報告 2005年分 報告 2006年分 報告 2007年分 報告 2008年分 報告 2009年分 報告
2010年分 報告 2011年分 報告 2012年分 報告 2013年分 報告 2014年分 報告 2015年分 報告 最新の 報告
釣り人  兵庫県の北木さんご夫妻
場所  ニュージーランド南島 / マタウラリバー
期間  2006年11月27日〜12月4日
釣果  ブラウントラウト、レインボートラウト / Max.52cm / 数:ブラウン46匹、レインボー3匹
ルアー  スミス・Dコンタクト&Dダイレクト、レインボーに有効だったのはロングゲーター5g
コメント  過去2回、豪州のケアンズ、ダーウィンとバラ狙いで釣行し、今回初めてエリアでしが釣った事の無いブラウン・トラウトを求めニュージーランドのマタウラ川に行ってきました。日本ではエリアのトラウトしか経験が無く無事キャッチできるのか不安でしたがウェーディング開始10分、全てが杞憂だとわかりました。日本では考えられない魚影の濃さ、サイズが小さくても盛り上がった厚みのあるマッシブなカラダ、ピンと張った大きなヒレ、繰り返すD・コンタクトのトゥイッチに猛攻を繰り返すアグレッシブさ、ひとたびヒットすればストリームを突っ走るパワー、そして繰り返すジャンプ50cmを超えるワイルド・トラウトのファイトはまさにエキサイティング以外の何ものでもありませんでした。4日間の間大雨で1日しかマタウラ川は攻められませんでしたが、その分素晴らしい風景を見つつ時間をかけレイク・オンスローや小場所ではありましたがカウとブルのいる牧場脇のポンド等にも行く事ができ最高に楽しい釣行でした。来年はウィーパのバラとクイーンを狙うつもりでしたが、関空に帰ってきたとたんトラウト&キングの青木さんに電話をいれ『来年もマタウラ、お願いします!』とお願いしてしまいました(笑)。素晴らしい旅をプロデュースして頂いた青木さん、そして最高に楽しく、優しいガイドをしてくれたMr.デヴィッド、最高に温かいもてなしをしてくれたMrs.Bev、帰ってきたら誰よりも先に出迎えてくれた愛犬のMrs.ローズ!そしてサイコーに楽しませてくれたワイルド・ブラウン!本当にありがとうございました。来年また行きます!
写真  
 
 
 
釣り人  千葉県の太田さん
場所  アメリカ / フロリダ州
期間  2006年10月8日〜14日
釣果  ピーコックバス/筆頭サイズ45cm/数16匹、ラージマウスバス/筆頭サイズ50cm/数6匹、シクリッド3匹、アリゲーターガー1匹
ルアー  メガバス DOG-X、 タイニートーピード、パニッシュF、バックテイルジグ / サイズ 7cm / チャート、クリアー、パールホワイト 等
コメント  ピーコックバス狙いででフロリダに行ってきました。3日間、2人でトータル60匹(ピーコック、ラージマウス、シクリッド、アリゲーターガー)以上(基本的にトップウォーター、サイトフィッシングでのバックテイルジグ)釣れました。私には2日目に50cm(6lbsオーバー)のラージマウスも釣れました。また、2日間ガイドの自宅に招待され、夕食もご馳走になりました。ガイドはESPNのテレビ番組にも出演するほどフロリダのガイドとしては名の知られた人のようです。写真の最後のピーコックはガイドの庭にあるプライベートポンドでショアから釣れました。プライベートポンドですが直径400m程の大きさです。
写真  
 
 
釣り人  埼玉県の荻野さんご夫妻
場所  モルディヴ / 船中泊+タージコーラル
期間  2006年9月11日〜18日(釣り2日)
釣果  GT、バラフエダイ、アオチビキ 他 / GT推定25kg?を筆頭に9匹 バラシ多数
ルアー  シーフロッグ120、トビホップ 他 / ブラック、ブルー系、ピンク系など
コメント  GTフィッシングはパラオに続き2度目の釣行でした。パラオでは惜しくもGTをバラシしてしまい釣果では妻に負けてしまい悔しい思いをしたので、今回は私のリベンジということでしたが前半はヒットする度にオルブライトノットが抜けるという事態が多発しました。しかし念願のGTも25kg?を筆頭にバラフエダイ等、多数釣ることが出来たので、今回はメンツが立って良かったです。妻は1匹しか釣ることが出来なかったので次回、リベンジに燃えております・・・。
写真
 
釣り人  広島県の岡崎さん
場所  オーストラリア / ヒンチンブルック
期間  2006年3月17日〜21日
釣果  バラマンディ スーティーグランター メッキ最大サイズ バラマンディ67センチ他4匹 スーティーグランター、メッキ10匹程
ルアー  
コメント  1日目は狙いのバラマンディは釣れず 、スーティーグランター メッキばかり。少し焦り始めた2日目には1番の目的のバラマンディが釣れ、サイズも前回より大きく満足の2日目でした。3日目は20年ぶりぐらいの大きな台風、トロピカルサイクロンが来て釣りはできませんでしたが非常に楽しい2日間でした。ヒンチンブルックはオーバーハングの連続でルアーでやるには最高に楽しい所だと思います。
写真  
 
釣り人  神奈川県の小川さんご夫妻
場所  ニューカレドニア
期間  2006年3月31日
釣果  GT等 / 筆頭サイズ推定13Kg / 4匹 バラシは多数  他、グルーパー (3種類?)50cm4匹、ダツ?1匹
ルアー  FISHERMAN  CZSW80 他 / 80g / オレンジ
 ロッド : スポーツザウルス GTチャーマス96L、ブルーランナー96
 リール : PENN 5500SS、リョービ フィッシングサファリ5000
コメント  GTとの引っ張り合いで妻がヘルニアになりました。そのぐらい楽しかったです。
写真
 
2003年分 報告 2004年分 報告 2005年分 報告 2006年分 報告 2007年分 報告 2008年分 報告 2009年分 報告
2010年分 報告 2011年分 報告 2012年分 報告 2013年分 報告 2014年分 報告 2015年分 報告 最新の 報告
皆様からのフィッシング・レポートお待ちしております。
ホーム | スタッフ釣行計画 | お問い合わせフォーム | メール | ルアーTOPに戻る
トラウトアンドキング フィッシングツアー   Tel:03-3544-5251   Fax:03-3544-5532