ニュージーランド フライフィッシング特集
南半球のトラウトパラダイス ホーム | お問い合わせ | メール | フライフィッシングTOPに戻る
ニュージーランド フライフィッシング 2016/2017シーズン
スタッフ釣行プラン
 ニュージーランド各地のベストシーズンに合わせてスタッフ自ら毎年現地に通っています。その際にご一緒しませんか?
 *乗り継ぎやホテルチェックインの面倒な心配はご無用、釣りに集中して旅をお楽しみ頂けます。/*海外旅行や釣り初心者にも安心。エキスパートにもご好評頂いています。また、同行者を探す苦労も不要ですね。
ニュージーランド南島 マタウラリバー

・1月8日(日)〜1月14日(土)

ニュージーランドで、ブラウントラウトのライズを狙ってマッチ・ザ・ハッチ!
ニュージーランド南島 サイトフィッシング

・2月5日(日)〜2月11日(土

心臓バクバク、足ガクガクの興奮を!ビッグブラウンを狙ってサイトフィッシング
ニュージーランド北島 ムルパラ

・2月26日(日)〜3月4日(土)

魚影の濃さはピカイチ!ワイルドレインボーとブラウンのパワフルなファイトを堪能しましょう。
直行便で約10時間、日本から赤道を越えて南に遥か9000kmにあるニュージーランドには、1800年代にヨーロッパからブラウントラウトが、後にアメリカからレインボートラウトが移入され、理想的な環境に相まって各地で野生魚として定着しました。それもアングラーのロッドを強烈に絞り込み、リールを甲高く唸らせるほど巨大になって・・・。 また、日本の人口1億2千万に対して、ニュージーランドは450万人にも達していません。そのほとんどが大都市オークランドに住んでいて、釣り場で人と鉢合うことはありません。正に広大なポイントと魚達と美しい風景を独り占め!日本の寒い冬に夏真っ盛りの楽園ニュージーランドに、さあ、フライロッドを持って出かけよう!
ニュージーランドなどでフライフィッシング!お客様からのニュージーランド遠征報告    スタッフのニュージーランド釣行報告
ニュージーランド フライフィッシング ムルパラ    ムルパラ ニュージーランド フィッシング マップ    クライストチャーチ ニュージーランド フライフィッシング クライストチャーチ
トラウトの魚影の濃さはピカイチ!初心者からベテランまで 空の玄関口で最大限に釣り日数が取れ、数、サイズ共に揃う
ニュージーランド フライフィッシング トランピング    秘境山間部    トワイゼル/ワナカ ニュージーランド フライフィッシング トワイゼル&ワナカ
モンスターレインボーの聖地へ登山&キャンプで挑む NZ New Style マウントクックから流れるクリアな川に泳ぐ大物を、ストーキングで
ニュージーランド フライフィッシング ツランギ トンガリロリバー    ツランギ    クイーンズタウン ニュージーランド フライフィッシング クイーンズタウン
秋冬の遡上大型レインボーから夏場のテレストリアルまで 南島最大の観光地に滞在して釣り場へ簡単アクセス
ニュージーランド フライフィッシング ネルソンレイクス    ネルソンレイクス    マタウラリバー ニュージーランド フライフィッシング ゴア マタウラリバー
シダが生い茂る森を流れる、宝石の様に美しい川でストーキング NZ唯一、メイフライがスーパーハッチするマッチ・ザ・ハッチの川
ニュージーランド ウェストコースト フライフィシング    ウェストコースト    テアナウ(ミルフォード) ニュージーランド テアナウ フライフィシング
手付かずの自然が残るウェストコーストでビッグ・ブラウンを ミルフォードサウンドやフィヨルドランドで有名な独特の景色の中で
ニュージーランド フライフィッシング キングフィッシュ    ベイオブアイランズ    ホワイトアイランド ニュージーランド フライフィッシング ファカタネ ホワイトアイランド
トラウトだけではもったいない。ソルトも熱い、ゲームフィッシングのメッカ キングフィッシュ、トレバリーのサイズ、魚影共に自慢のエリア
プランについて
 釣り内容、旅行日数、釣り日数、人数、ご予算等ご希望に沿ってモデルプランを作成いたします。お気軽にCall us!
フィッシングガイドについて
 ニュージーランド釣行成功のカギはフィッシングガイドの質に掛かっている言っても過言ではありません。弊社では信頼できるガイドを手配致します。お気軽にCall us!
宿泊について
 ニュージーランドは、フライフィッシングの為の宿泊施設が整っています。高級フィッシングロッジから、ガイドロッジ、モーテルやキャンプまで、ご希望に沿って手配致します。今すぐCall us!
タックルについて
 基本的には5〜6番のロッドにフローティングラインというフライフィッシングのなかでも最もシンプルなものでOKです。場所や時期による効果的なフライパターンの詳細など、いつでもお気軽にCall us!
ハネムーン&フィッシング、長期滞在、ワーキングホリデー&フィッシング
 ニュージーランドはハネムーンにも人気です。一般観光を楽しみながらフィッシングも体験できますよ。釣り初めての奥様も一流のフィッシングガイドがしっかりサポートし、その日から釣果に繋がります。長期滞在で各地を回るのも楽しいですね。モーテルを点々としたり、キャンピングカーを使うのも楽しみの一つです。また、ワーキングホリデー滞在中も是非フィッシングを体験してみて下さい。ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。
たくさんの方々からご質問をいただきます。
・ショットやインジケーターは使えるの?
・ルアーフィッシング禁止って聞いたけど本当?
・1日のうちに四季があるってどういうこと?
・フライフィッシング初心者でも大丈夫?
・マッチ ザ ハッチの釣りはできるの?
・ダブルハンドやスイッチロッドは使えるの?
・カラフルな色のフライラインはダメって本当?
・釣った魚はすべてリリースしなくちゃいけないの?
・フィッシングライセンスってなに?川ごとに必要?どういう種類があるの?
・どうしたらニュージーランドで釣りが楽しめるの?
・北島はレインボートラウト、南島はブラウントラウトが釣れるって本当?
・海外旅行、海外釣行が初めてでも大丈夫?
・フィッシングガイドとの釣りってどんなもの?
・英語がダメだけど大丈夫?
・どうしてニュージーランドのトラウトはそんなに大きいの?
・ロングキャストは必要?何mくらい投げられないといけないの?
・ひたすら歩く釣りだって本当?
・ハンティングの様な釣りってどう言うこと?
などなど、疑問質問何でもAsk us!
注意事項
ニュージーランドでは、外来種の藻(ディディーモ)の拡散を防ぐために、フェルトソールのウェーディングシューズの持ち込み・使用が禁止されています。ラバーソールのウェーディングシューズをご用意ください。ニュージーランドの中でも場所に寄りますが、ラバーソールににスタッド(滑り止め)が必要な場所があります。ウェーダー、ウェーディングシューズ、ランディングネットなどはj事前にしっかり洗って、完全に乾燥させておいてください。また、現地で違う川に行かれる際にもきれいに洗って頂きますが、これはガイドがご案内いたします。
ホーム | お問い合わせ | メール
トラウトアンドキング フィッシングツアー    Tel: 03-3544-5251    Fax: 03-3544-5532